ロゴ

萩野吉保先生によるコラム

福祉業界でのキャリア - 就労継続支援B型事業所の運営者としての私の日々 -

第11話 デジタルマーケティングの冒険 - 新天地を切り開く

さて、我がサイバーネスタでは、次なる一手としてデジタルマーケティングに力を注ぐことに決めた。特に焦点を当てたのは、検索エンジンにおける広告の上位表示、いわゆるリスティング広告だ。時には月額30万円という大胆な投資を行い、その成果は我々の期待を遥かに上回るものだった。新規利用者を5名も迎え入れ、短期間で投資額を回収できるという実績を残したのだ。

福祉業界では珍しく、特に小規模事業所においては、このような取り組みを行っている例は少ない。しかし、リスティング広告の魅力は、その柔軟性にある。必要なくなれば直ちに停止することができ、余計なコストをかけずに済む。これは、年間契約となる他の広告媒体とは大きく異なる。そのため、特に小さな事業所ほど、この手法を積極的に取り入れるべきだと私は考える。この戦略は、福祉業界に限らず、あらゆる分野に応用可能だ。

そして、我々はこの困難を乗り越え、サイバーネスタを満員御礼、活気に満ちた場所へと変貌させることに成功した。今では、リスティング広告に頼ることなく、定期的に見学や利用希望の問い合わせを受けている。その成功に気を良くした周囲からは、新たな事業所の開設を促す声もあるが、私は現場主義者であり、品質の維持にこだわり続ける。

利用者のニーズに応えるため、新たな挑戦も行った。住宅に困る利用者にはグループホームを、ペットと共に暮らしたいと望む人には、ペット共生型の施設を提供した。これらの経験は、単なる事業の拡張以上のものであり、我々が共に歩んできた道のりの一部だ。

「ピンチをチャンスに」とは、簡単に言える言葉ではあるが、その背後には数えきれないほどの挑戦と、時には絶望もあった。睡眠を奪われ、心を痛める日々もあったが、今では家族との時間を大切にし、健康的な生活を送っている。苦しい時期もあったが、誠実さが最終的には報われると信じている。

だから、現在苦しい状況にある人たちにも、春が訪れることを信じ、前向きに生きてほしい。サイバーネスタの物語は、単なる成功談ではなく、挑戦と再創造の物語である。

この話は、私をモチーフにした架空のストーリーです。現実とは異なる点があることを理解して楽しんでくれたら嬉しいです。

記事執筆者紹介

萩野吉保

萩野吉保

カクヨム:https://kakuyomu.jp/users/hagino_y

Our Information 私たちの情報

会社名 合同会社第一Web
代表者 加藤 洋輝
所在地 〒003-0002 札幌市東札幌2条5丁目3―15 ドルチェ富士1F―B
主たる業務
  • 就労継続支援事業
  • お墓のコンサルティング
  • ホームページデザイン・構築・運営
資本金 350万円

お問い合わせフォーム

080-4502-9604 営業時間:24時間365日対応可!!※深夜・早朝は対応が遅れる場合もあります
スマホの方はこちらをタップ

上記番号に発信できます。

LINE

ご質問やご相談に対し、時代の流れに流されることなく、伝統的で人間味のあるアプローチを大切にしています。
LINEでのお問い合わせにも、ボットやAIを使わず、一人ひとりのスタッフが心を込めて直接対応いたします。
お客様の声に耳を傾け、それぞれのニーズに丁寧に応えていくことをお約束します。

以下のリンクから公式アカウントを友だち追加して、分からないことや相談したいことがありましたら、トークルームからお気軽にお問い合わせください!
メッセージをお待ちしています。

https://lin.ee/t9kCa9J

友だち追加