ロゴ

FAQ -Web屋FUJIが解決へ導くあなたの疑問と不安-

就労移行支援の利用期間とその理由についてのFAQ

質問

就労移行支援の利用期間が原則として二年間に設定されているのは、どうしてなんでしょうね?精神・療育の手帳を持っている方々にとって、就職までの道のりは二年ではちょっと短いかもしれませんよね。もしかすると、五年くらいのサポートが必要な場合もあるのではないでしょうか?

就労継続支援A型事業所での早退・有給休暇の取り扱いについての悩み

相談者情報

項目 詳細
名前(仮名) 野口 裕子(のぐち ゆうこ)
年齢 28歳
性別 女性
生活状況 障害者年金とアルバイト収入
障害の種別と等級 発達障害、1級
既往歴(過去の病歴) 学生時代にADHDと診断され、大学卒業後は短期間の雇用を複数経験
家族構成 独身、一人暮らし(近くに兄家族が住んでいる)
経歴 地元の大学を卒業後、パートタイムの仕事をいくつか経験

本人に関する特記事項

※この質問に関する情報は、本人からの申告に基づいており、個人の経験や状況を反映したものです。記載されている内容は、特定の個人の状況を一般化するものではなく、あくまで一例としてご参照ください。この情報の正確性や普遍性については、個々のケースによって異なるため、保証するものではありません。

回答

加藤洋輝です、Web屋FUJIのサービス管理責任者を務めております。貴重なご質問ありがとうございます。就労移行支援の利用期間が原則として二年間に設定されている理由について、そして精神・療育の手帳をお持ちの方々にとって、就労に至るまでのサポート期間についてお話しします。

まず、就労移行支援の利用期間が原則二年とされている主な理由は、この期間内に利用者の方が就労に必要な基本的なスキルや職業生活における自立に向けた準備を整えることを目指しているからです。この期間は、一般的に多くの方が必要なスキルを習得し、実際の職場環境に適応できるようになるための目安として設定されています。

しかし、すべての方が同じ時間内に同じペースで進むわけではありません。特に、精神・療育の手帳をお持ちの方々にとっては、個々の状況や必要とする支援の種類、程度が異なるため、一概に二年で就労準備が整うとは限りません。実際、より長期間のサポートが必要な場合もあることは、私たちも十分に認識しております。

ここで、就労継続支援B型事業所の利用を前向きに検討することのメリットについてお話ししたいと思います。B型事業所は、就労に際してより手厚い支援が必要な方々に対して、柔軟なサポートを提供する場です。特に私たちWeb屋FUJIでは、利用者一人ひとりのニーズに合わせた個別の支援プランを作成し、ECサイト運営やデジタルコンテンツ制作といった実務を通じて、実践的なスキルアップを目指しています。

B型事業所では、利用者の皆様が社会とつながりながら、自身のペースで成長できる環境を提供しています。また、就労に向けた準備だけでなく、就労後のフォローアップや、仕事とプライベートのバランスを保ちながら働き続けるためのサポートも行っています。当事業所からは、これまでに6名の方がフルタイムでの就労へとステップアップされています。これは、一人ひとりの利用者に寄り添い、長期的な視点でサポートを行うことの成果だと自負しております。

二年という期間がすべての方にとって十分でない場合、B型事業所での活動を通じて、さらにスキルを磨き、自信を深め、最終的には社会で活躍する土台を築いていただければと思います。当事業所では、利用者の皆様がそれぞれの夢や目標に向かって、安心して一歩を踏み出せるよう全力でサポートしてまいります。

最後に、就労移行支援の期間やB型事業所の利用について、さらに詳しく知りたい、または個別のご相談をしたいという場合は、いつでも私たちWeb屋FUJIまでお気軽にお問い合わせください。あなたの就労に向けた旅路を、全力でサポートさせていただきます。

コメント

まつど
【支援員】まつど
2024/02/19 13:36:48

就労移行支援は就職するために必要なスキルを身につける場所です。2年間という短い期間を有効に活用するためには、まずは最低限の体調を整えてから利用を開始することが大切です。そうすることで、利用開始後に安定して訓練が受けられ、就職活動も安定し行うことができますね。
サービスの内容としては

  • 生産活動、職場体験その他の活動の機会の提供を通じて行う、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練
  • 求職活動に関する支援
  • 利用者の適性に応じた職場の開拓
  • 就職後における職場への定着のために必要な相談や支援

があります。
あせって最初から就労移行支援に行くのではなく、就労継続支援A型・B型をうまく利用してほしいです。B型からA型、そして就労移行支援にステップアップしていけば、より2年間という短い時間の中でも就職に繋がりやすいのではと思いますよ。

池田
【支援員】池田
2024/02/19 13:16:34

この度はWeb屋FUJIへご相談下さいまして、ありがとうございます。
就労移行支援の利用期間が2年に設定されてはおりますが、当事業所には、就労移行支援を経て就職することが困難な状況にあった方々や、初めからこちらへ見学にいらしてから通所なさる方もいらっしゃるので、野口さんの状況に合った場所が見つかると良いなと思います。
野口さんのご相談内容から、個人に合わせたきめ細かいサポートの可能な事業所が相応しいのではと思いますので、もしまた何かございましたら、こちらにお寄せ頂ければと思います。

をりんご
【支援員】をりんご
2024/02/20 11:37:39

人によって準備が必要な期間というのは違いますよね。
就労移行支援は“2年間”という固定期間の中で就労に向けた様々な準備を進めて行く場所です。

その点B型事業所は特に期間に縛りはなく、ご自身のペースで就労に向けた準備が出来る場所です。Web屋FUJIでは利用者さん一人一人にあった支援を心がけており、資格取得などもサポートしております。分からない事や不安な事は共に考え解決できるよう日々寄り添っています!

ご自身のペースで就労に向けた準備ができるのは野口さまの需要にマッチしていると考えますので是非、B型事業所の利用も検討されてみてはいかがでしょうか^^

こやとも
【支援員】こやとも
2024/02/28 13:05:49

Web屋FUJIのスタッフ、こやともです。
就労移行支援事業所は、就職のために必要なスキルや技能、知識などを身につけて様々なことを学び、利用者さんに一般就労を果たしてもらうこと目的としており、その目安の期間としての二年間ということになります。
一般就労に向けた準備をするために設けられた期間ではありますが、二年よりも短い期間での就職を果たしている場合も、期間を延長される場合もあるようですので、そのペースは人によって様々だと思います。
期間延長が認められるには「延長期間中に就労できる見込みがある」と判断された場合のみに限られていて、審査会の結果によって決められます。
就労までに長期の支援が必要な人たちのために、就労継続支援事業所があります。雇用契約をを結んで仕事をするA型事業所と、雇用契約を結ばずにご自身の体調や能力に合わせて作業を進められるB型事業所があり、それぞれの特徴を理解したうえで利用するのも一つの方法だと思います。
ご自身に負担が少なく、より目的に合った働き方ができる場所が見つかるといいですね!

記事執筆者紹介

加藤洋輝

加藤 洋輝(かとう ひろき)

在籍期間:就労継続支援事業所「Web屋FUJI」に6年間在籍

役職:サービス管理責任者歴6年

専門分野:ECサイト運営、デジタルコンテンツ制作

経営理念:利用者第一主義を掲げ、利用者の自立と成長を最優先に考えたサポートを実施

実績:Google口コミレビュー33件でスコア4.9獲得。利用者からの高い評価を受けています。

利用者支援:利用者定員数は常に満員で、現在も複数名の待機者がいます。

スタッフ環境:スタッフ離職率0%を誇る、働きやすい職場環境を維持しています。

ビジョン:障害を持つ方々が自分らしい生活を送れるよう、日々新しい支援方法を模索し、社会全体の理解と支援のあり方について啓発活動を行っています。

Our Information 私たちの情報

会社名 合同会社第一Web
代表者 加藤 洋輝
所在地 〒003-0002 札幌市東札幌2条5丁目3―15 ドルチェ富士1F―B
主たる業務
  • 就労継続支援事業
  • お墓のコンサルティング
  • ホームページデザイン・構築・運営
資本金 350万円

お問い合わせフォーム

080-4502-9604 営業時間:24時間365日対応可!!※深夜・早朝は対応が遅れる場合もあります
スマホの方はこちらをタップ

上記番号に発信できます。

LINE

ご質問やご相談に対し、時代の流れに流されることなく、伝統的で人間味のあるアプローチを大切にしています。
LINEでのお問い合わせにも、ボットやAIを使わず、一人ひとりのスタッフが心を込めて直接対応いたします。
お客様の声に耳を傾け、それぞれのニーズに丁寧に応えていくことをお約束します。

以下のリンクから公式アカウントを友だち追加して、分からないことや相談したいことがありましたら、トークルームからお気軽にお問い合わせください!
メッセージをお待ちしています。

https://lin.ee/t9kCa9J

友だち追加

Copyright © 2024 Web屋FUJI All Rights Reserved.