ロゴ

FAQ -Web屋FUJIが解決へ導くあなたの疑問と不安-

障害年金や生活保護を受けて、実家や家賃が安い場所で働かずに暮らす方が、就労継続支援B型事業所に通うよりも良いのではないでしょうか?

質問

障害年金や生活保護を受けて、実家や家賃が安い場所で働かずに暮らす方が、就労継続支援B型事業所に通うよりも良いのではないでしょうか?

障害年金や生活保護を受けて、実家や家賃が安い場所で働かずに暮らす方が、就労継続支援B型事業所に通うよりも良いのではないでしょうか?

相談者情報

項目 詳細
名前(仮名) 木塚 好宏(きづか よしひろ)
年齢 26歳
性別 男性
生活状況 障害年金も生活保護も受給しておらず、親と同居している。
障害の種別と等級 精神障害3級(うつ病)
既往歴(過去の病歴) うつ病の診断を受け、現在も治療中
家族構成 両親と同居。親は支援を提供しており、好宏さんが社会との接点を持つよう励ましているが、彼は外出が困難でほとんど家から出ない。
経歴 地元の高校を卒業後、うつ病の悪化により働くことができず、社会参加も限定的になっている。

本人に関する特記事項

自宅で過ごす時間が多く、インターネットやゲーム、読書を通じて日々を送っている。自立への意欲はあるものの、不安と対人恐怖が障壁となっている。親との関係は良好だが、将来的な独立に向けてのプレッシャーを感じている。

※この質問に関する情報は、本人からの申告に基づいており、個人の経験や状況を反映したものです。記載されている内容は、特定の個人の状況を一般化するものではなく、あくまで一例としてご参照ください。この情報の正確性や普遍性については、個々のケースによって異なるため、保証するものではありません。

回答

こんにちは、加藤洋輝です。Web屋FUJIのサービス管理責任者として、木塚好宏さんからのご質問にお答えします。

障害年金や生活保護を受けずに、実家での生活と就労継続支援B型事業所の選択について

まず、障害年金や生活保護を受けるには一定の条件があります。それぞれの要件を簡潔に説明します。

障害年金
一定の障害等級が必要(精神障害であれば、特定の等級以上が要件)
加入していた社会保険からの要件(一定期間の保険料納付が必要)
生活保護
所得と資産が一定基準以下であること
他の社会保障制度では足りない生活資金を補う必要があること

これらは専門的な審査が必要であり、簡単に受給できるものではありません。詳細については、市町村の社会福祉課や専門の相談機関にお問い合わせください。

実家に住み続けるリスクについて

現在、親御さんとの同居中の木塚さんですが、この状況がずっと続くわけではありません。親御さんが支えてくれる現在でも、いつ何が起こるか予測できません。もし親御さんがいなくなった場合、急に自立しなければならなくなる可能性もあります。親御さんも、木塚さんが将来的に自立して生活できるよう願っているかもしれません。

就労継続支援B型事業所のメリットについて

就労継続支援B型事業所では、以下のようなメリットがあります。

  • 収入の獲得
    一定の作業を通じて収入を得ることができます。これは自立に向けた大きな一歩となります。
  • 社会とのつながり
    さまざまな人との交流を通じて、社会性を高めることができます。孤立を防ぎ、精神的な健康を保つ助けにもなります。
  • 自己成長の機会
    様々な作業や研修を通じて、新たなスキルや自信を身につけることができます。

当事業所の特徴と支援

Web屋FUJIでは、ECサイト運営やデジタルコンテンツ制作を通じて、実際に市場価値のある技術を学べます。また、ここでの経験が他の就職活動にも役立ち、過去には6名の利用者がフルタイム就労に成功しています。

木塚さんも「インターネットやゲーム、読書」がお好きとのことで、これらの興味を活かした仕事を通じて、少しずつでも社会との接点を持つことが可能です。

まとめ

今は障害や現在の生活状況に不安を感じるかもしれませんが、一歩を踏み出すことで新たな可能性が開けます。不安や疑問があれば、ぜひ一度Web屋FUJIにお越しください。一緒にあなたの将来を考え、支援できる方法を見つけましょう。

コメント

記事執筆者紹介

加藤洋輝

加藤 洋輝(かとう ひろき)

在籍期間:就労継続支援事業所「Web屋FUJI」に6年間在籍

役職:サービス管理責任者歴6年

専門分野:ECサイト運営、デジタルコンテンツ制作

経営理念:利用者第一主義を掲げ、利用者の自立と成長を最優先に考えたサポートを実施

実績:Google口コミレビュー33件でスコア4.9獲得。利用者からの高い評価を受けています。

利用者支援:利用者定員数は常に満員で、現在も複数名の待機者がいます。

スタッフ環境:スタッフ離職率0%を誇る、働きやすい職場環境を維持しています。

ビジョン:障害を持つ方々が自分らしい生活を送れるよう、日々新しい支援方法を模索し、社会全体の理解と支援のあり方について啓発活動を行っています。

Our Information 私たちの情報

会社名 合同会社第一Web
代表者 加藤 洋輝
所在地 〒003-0002 札幌市東札幌2条5丁目3―15 ドルチェ富士1F―B
主たる業務
  • 就労継続支援事業
  • お墓のコンサルティング
  • ホームページデザイン・構築・運営
資本金 350万円

お問い合わせフォーム

080-4502-9604 営業時間:24時間365日対応可!!※深夜・早朝は対応が遅れる場合もあります
スマホの方はこちらをタップ

上記番号に発信できます。

LINE

ご質問やご相談に対し、時代の流れに流されることなく、伝統的で人間味のあるアプローチを大切にしています。
LINEでのお問い合わせにも、ボットやAIを使わず、一人ひとりのスタッフが心を込めて直接対応いたします。
お客様の声に耳を傾け、それぞれのニーズに丁寧に応えていくことをお約束します。

以下のリンクから公式アカウントを友だち追加して、分からないことや相談したいことがありましたら、トークルームからお気軽にお問い合わせください!
メッセージをお待ちしています。

https://lin.ee/t9kCa9J

友だち追加

Copyright © 2024 Web屋FUJI All Rights Reserved.