ロゴ

FAQ -Web屋FUJIが解決へ導くあなたの疑問と不安-

20代半ばの知的障害者が、就労継続支援A型事業所の移籍を検討中。PC関連の技術向上について質問します。

質問

失礼します。福岡在住の20代半ばで、知的障害者として就労継続支援A型事業所に4年間勤めていましたが、最近事業所が倒産寸前になりました。移籍先としてPC関連の仕事を含む別の系列事業所を紹介され、「データ入力や文章作成等の一定のスキル」が必要とのことです。私はPC歴10年で、WordやExcelは得意ですが、PowerPointは学んでおらず、英語も独学中です。

ハローワークの経験が良くなかったため、他の信頼できる情報源を探しています。よろしくお願いします。

障害者手帳を持ち、A型作業所に通っていますが、ここは雇用契約に基づく職場です。定年が65歳の場合、その年齢まで通所する必要があるのでしょうか?

相談者情報

項目 詳細
名前(仮名) 大宮 啓之(おおみや ひろゆき)
年齢 25歳
性別 男性
生活状況 障害年金を受給しており、家計に月4万円を貢献しています。
障害の種別と等級 知的障害2級(療育手帳所持)、統合失調症(精神障害手帳は未所持)
既往歴(過去の病歴) 統合失調症発症から4年が経過。症状は軽度と診断されています。
家族構成 三人家族(父、母、本人)。
経歴 高校卒業後、就労継続支援A型事業所で4年間勤務。主にデータ入力やファイル整理などの業務を経験。

本人に関する特記事項

※この質問に関する情報は、本人からの申告に基づいており、個人の経験や状況を反映したものです。記載されている内容は、特定の個人の状況を一般化するものではなく、あくまで一例としてご参照ください。この情報の正確性や普遍性については、個々のケースによって異なるため、保証するものではありません。

回答

お問い合わせいただき、ありがとうございます。就労継続支援A型事業所でのご経験および今後のキャリアについてのご質問に対し、私の経験から可能な限りお答えさせていただきます。

A型事業所でのPC関連の仕事にはどれほどのスキルが求められるか

A型事業所でのPC関連業務では、一般的にデータ入力、文章作成、基本的な表計算といったオフィス業務に必要なコンピュータスキルが中心です。大宮様がお持ちの10年間のPC使用経験と、WordやExcelに精通しているということは、これらの業務を遂行する上で十分なスキルをお持ちです。

事業所によっては専門的なソフトウェアやシステムを使用している場合がありますが、基本的なPCスキルがあれば、新しいツールへの学習もスムーズです。大宮様のように基本操作に自信がある場合、初めてのソフトウェアであっても研修を通じて効果的に学ぶことが可能です。

加えて、A型事業所では技術的なスキルだけではなく、作業の持続性や精度、チームでの協働能力も重視されます。これらは、すでにお持ちのスキルや経験により、適応が容易になるでしょう。期限内に正確な作業を完成させる能力は、事業所での評価につながります。

新しい職場での環境や要求に適応するためには、学び続ける姿勢が重要です。大宮様がこれまでに培ってきた技術と経験は、新しい挑戦への素晴らしい基盤となります。入所後も必要なサポートと指導を受けながら、自信を持って新たなスキルを習得していただければと思います。

知的障害と精神障害のどちらが有利か、または不利かありますか?

知的障害と精神障害、どちらが職場で有利または不利かについては、事業所ごとに異なる対応が見られます。特に私たちWeb屋FUJIでは、障害の種類を理由に有利不利をつけることはありません。私たちは各個人の能力や性格、そしてどのように業務に貢献したいかという意向を重視しています。

障害の種別よりも重要なのは、その人が持っているスキルや職場での態度、チームへの貢献度です。大宮様のように、明確な職務遂行能力と熱意をお持ちであれば、障害の種類にかかわらず、多くの事業所で歓迎されることでしょう。また、大宮様が示す熱意や意欲は、職場での適応や成長に大きく寄与します。

私たちWeb屋FUJIでは、各利用者の個性や特性を大切にし、それを最大限に活かせるよう支援しています。障害の有無や種類に関わらず、全ての人に公平な機会を提供し、その人の持つ可能性を引き出すことに努めています。大宮様のように自らをしっかりと表現し、積極的に業務に取り組みたいと考える姿勢は、どの職場でも非常に価値のある資質です。

結局のところ、職場での成功は障害の種類よりも、個々人の能力とそれをいかに活かし、チームに貢献できるかによるものです。

このような専門技術を身につけたい場合、どのようなプランが望ましいでしょうか?

まず、大宮様がすでにお持ちのPCスキル(WordやExcelの操作)は、A型事業所で求められる基本的な技術要件を十分に満たしています。これらのスキルは、多くの職場で基礎として非常に重要視されており、大宮様はすでに良い出発点に立っています。

重要なのは、これからの学びの姿勢と向上心です。専門技術の習得は、持っているスキルを活かしながら新しいことを学び、実際の業務に適応していく過程で自然と進行します。大宮様が面接や事業所見学に向かう際は、これまでの経験と学ぶ意欲を自信を持ってお話しいただきたいと思います。

事業所によっては入職後に具体的な研修プログラムを提供しており、実務を通じて徐々に必要な技術を身につけることが可能です。新しい環境で必要とされる技術やツールがあれば、その都度、支援を受けながら学んでいくことが重要です。

最終的には、現在のスキルを基にして、学び続ける意欲を示すことが、事業所で成功するための鍵となります。自信を持って、積極的に新しいチャレンジを受け入れていただければと思います。

障害者支援に関する相談はどこで行うべきでしょうか、またどのようなサイトが参考になりますか?

障害者支援に関する相談にはいくつかのルートがあります。まず、就労に関するご相談であれば、我々事業所のスタッフやこれから受ける事業所の管理者が直接的な支援とアドバイスを提供できます。これに加えて、特に就労以外の生活全般に関わる支援が必要な場合は、お住いの地域にある相談支援事業所や市町村の福祉課に相談するのが良いでしょう。これらの機関は、障害者の方々が地域社会で自立して生活できるように、多様な支援を提供しています。

インターネット上には障害者支援に関する情報が数多くありますが、情報の正確性を確かめることが非常に重要です。信頼性のある情報源として、公式の福祉関連サイトや政府が運営するポータルサイトを利用することをお勧めします。例えば、厚生労働省のウェブサイトや各都道府県、市町村の公式サイトがあります。これらのサイトでは、障害者手帳の取得から、各種支援プログラム、就労支援に関する詳細情報が掲載されています。

さらに、障害者の就労支援を専門に扱うNPOや、障害者自身の体験談を紹介するブログも有用な情報源となります。ただし、個人のブログや未確認の情報源からの情報は、その信頼性を十分に検討する必要があります。

結論として、大宮様のような障害者支援に関する相談は、具体的な情報や個別のサポートが必要な場合は、地域の公的機関や信頼できる相談窓口を活用することが最も確実で安心できる方法です。また、我々事業所でもサポートを提供できることを忘れずに、何か困ったことがあればいつでもご相談ください。

コメント

記事執筆者紹介

加藤洋輝

加藤 洋輝(かとう ひろき)

在籍期間:就労継続支援事業所「Web屋FUJI」に6年間在籍

役職:サービス管理責任者歴6年

専門分野:ECサイト運営、デジタルコンテンツ制作

経営理念:利用者第一主義を掲げ、利用者の自立と成長を最優先に考えたサポートを実施

実績:Google口コミレビュー33件でスコア4.9獲得。利用者からの高い評価を受けています。

利用者支援:利用者定員数は常に満員で、現在も複数名の待機者がいます。

スタッフ環境:スタッフ離職率0%を誇る、働きやすい職場環境を維持しています。

ビジョン:障害を持つ方々が自分らしい生活を送れるよう、日々新しい支援方法を模索し、社会全体の理解と支援のあり方について啓発活動を行っています。

Our Information 私たちの情報

会社名 合同会社第一Web
代表者 加藤 洋輝
所在地 〒003-0002 札幌市東札幌2条5丁目3―15 ドルチェ富士1F―B
主たる業務
  • 就労継続支援事業
  • お墓のコンサルティング
  • ホームページデザイン・構築・運営
資本金 350万円

お問い合わせフォーム

080-4502-9604 営業時間:24時間365日対応可!!※深夜・早朝は対応が遅れる場合もあります
スマホの方はこちらをタップ

上記番号に発信できます。

LINE

ご質問やご相談に対し、時代の流れに流されることなく、伝統的で人間味のあるアプローチを大切にしています。
LINEでのお問い合わせにも、ボットやAIを使わず、一人ひとりのスタッフが心を込めて直接対応いたします。
お客様の声に耳を傾け、それぞれのニーズに丁寧に応えていくことをお約束します。

以下のリンクから公式アカウントを友だち追加して、分からないことや相談したいことがありましたら、トークルームからお気軽にお問い合わせください!
メッセージをお待ちしています。

https://lin.ee/t9kCa9J

友だち追加

Copyright © 2024 Web屋FUJI All Rights Reserved.