ロゴ

FAQ -Web屋FUJIが解決へ導くあなたの疑問と不安-

B型作業所でのパソコン操作の苦労と退職の検討。他の選択肢は?

質問

障害者手帳を持っている私は、B型作業所に通所していますが、パソコン操作に苦労しており、最近は退職を考えるようになりました。
障害者雇用枠での会社でも事務職の競争が激しく、若い人が優先されがちです。B型作業所の他の利用者とは事務的な会話はしますが、深い話はしません。
このような状況の中で、B型作業所を辞めるべきか、または他にどのような選択肢があるか、幅広い意見やアドバイスをいただけないでしょうか?

障害者手帳を持っている私は、B型作業所に通所していますが、パソコン操作に苦労しており、最近は退職を考えるようになりました。障害者雇用枠での会社でも事務職の競争が激しく、若い人が優先されがちです。B型作業所の他の利用者とは事務的な会話はしますが、深い話はしません。このような状況の中で、B型作業所を辞めるべきか、または他にどのような選択肢があるか、幅広い意見やアドバイスをいただけないでしょうか?

相談者情報

項目 詳細
名前(仮名) 佐久間 亜実(さくま あみ)
年齢 34歳
性別 女性
生活状況 障害年金を受給しています。
障害の種別と等級 身体障害者手帳2級、主に手足の運動機能障害。
既往歴(過去の病歴) 10歳の時に事故により障害を負いました。
家族構成 独身、一人暮らし。親は近くに住んでおり、週に1回は訪れる。
経歴 地元の特別支援学校を卒業後、複数のB型作業所を経て現在に至る。

本人に関する特記事項

コミュニケーションは得意ですが、新しい技術を覚えるのが苦手で、パソコン操作には自信がありません。人と深い関係を築くことを重視していますが、作業所内ではそのような深いつながりを感じることができず、孤独を感じています。

※この質問に関する情報は、本人からの申告に基づいており、個人の経験や状況を反映したものです。記載されている内容は、特定の個人の状況を一般化するものではなく、あくまで一例としてご参照ください。この情報の正確性や普遍性については、個々のケースによって異なるため、保証するものではありません。

回答

この度は、ご相談いただき誠にありがとうございます。皆様からのお問い合わせは、私たちにとって大変貴重なものであり、一つ一つ丁寧にお答えすることを心がけております。

私は、北海道札幌市に位置する就労継続支援B型事業所「Web屋FUJI」のサービス管理責任者、加藤洋輝と申します。就労継続支援事業所には10年間携わり、そのうち6年間サービス管理責任者として、利用者第一主義のもと、ECサイト運営やデジタルコンテンツ制作など、多岐にわたるサービスを提供してきました。当事業所は、技術だけでなく、人としての成長もサポートし、全ての方に充実した職場環境を提供することを目指しています。

それでは、佐久間様からのご質問に対して、私の考えをお話ししていきたいと思います。

パソコン操作の楽しみを見つけましょう

パソコン操作に苦労されていること、とてもよく理解しています。確かに、初めてのことにチャレンジする時は難しさを感じるものですが、繰り返し行うことで少しずつ楽しみを見出すことができるかもしれません。
実は私自身も、最初はパソコンの電源の入れ方すらわからない状態でした。シャットダウンの際には、電源ボタンを長押しして強制終了することが日常茶飯事でした(笑)。しかし、毎日コツコツと操作を続けることで、いつの間にかその操作が楽しみに変わりました。
パソコンは、ただの作業ツールではなく、創造性を発揮できる素晴らしい道具です。例えば、文書を作成するだけでなく、画像を加工したり、動画を編集したりすることもできます。このような多彩な機能を探求することで、新たな発見や達成感を感じることができるでしょう。

他の選択肢も探求してみましょう

パソコン操作が苦手と感じることは決して珍しいことではありませんし、そのために他の可能性を探ることも一つの良い方法です。佐久間様にとって最適な環境が他にもあるかもしれません。

目標として「事務職」を目指される場合

事務職に特化したスキルを身につけたいとお考えであれば、A型事業所の中でもPC操作に特化したプログラムを提供している所をお探しになると良いでしょう。こうした事業所では、より専門的なトレーニングを受けることができ、事務職への就職を目指す上で有利になります。

事務職をあきらめ他の就労を目指す場合

他の職種に興味がある場合は、就労移行支援事業所を利用するのも一つの選択肢です。就労移行支援事業所では、様々な職種に対応した訓練を行い、職業選択の幅を広げることが可能です。ここでは、個々の能力や興味に応じた支援を受けながら、より実践的な就労準備を進めることができます。

どの道を選ぶにしても、佐久間様の希望や興味、そして現在のスキルレベルに最も合った選択をすることが重要です。

クリエイティブなスキルで新たな道を開きましょう

現代の働き方は多様化しており、従来の職種にとどまらず、新しいスキルを学ぶことで全く異なる職業に就くことも可能です。特にクリエイティブな仕事は、技術の進展とともに、より手軽に、かつ幅広く取り組むことができるようになっています。
動画編集や画像加工は、現在非常に需要が高いスキルです。YouTubeやTikTokなどのプラットフォームでコンテンツを制作・配信することに興味があるなら、これらの技術を学ぶことは大変有益です。また、AI技術の進歩により、イラスト作成なども以前よりずっと簡単になっており、専門的な技術がなくても美しい作品を作り出すことが可能です。
クリエイターや配信者としてのキャリアを考えるのも、一つの選択肢です。これらの分野では、自分のペースでスキルを磨きながら、個性を活かした表現ができるため、多くの人にとって魅力的な選択肢となっています。クリエイティブな作業は、自己表現の場でもあり、自己実現の一助となるでしょう。
もし興味がありましたら、この道についてもっと探求してみませんか?

資格取得によって新たな可能性を広げましょう

資格を取得することも、新たな道を切り開く素晴らしい手段の一つです。資格があれば、自信にも繋がりますし、新たな職業への扉も開かれます。
私自身も、サービス管理責任者として利用者様のスキル向上を支援する立場にありながら、ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格取得に向けて学習を進めています。この資格を得ることで、より多くの知識を身に付け、利用者様へのさらなるサポートが可能となります。
当事業所「Web屋FUJI」では、資格取得を奨励するプログラムを導入しており、さまざまな分野での資格取得を支援しています。例えば、コンピュータ関連の資格や、クリエイティブ業界で役立つデザイン資格、さらにはビジネス管理や会計に関する資格など、幅広い選択肢を提供しています。
資格を取得することで、仕事の選択肢が広がるだけでなく、個人としての成長も促されます。もし資格取得に興味がありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。一緒にあなたに合った資格取得計画を立て、支援をしていきたいと思います。

最後に

私たち「Web屋FUJI」では、利用者一人ひとりのニーズに対応し、それぞれの夢や目標が実現できるよう全力でサポートしています。佐久間様が新たなスキルを楽しみながら習得し、希望するキャリアへと歩を進められることを心から応援しております。
いつでもお気軽にご相談ください。佐久間様の新たな挑戦が成功し、希望に満ちた未来が開けることを願っています。

コメント

記事執筆者紹介

加藤洋輝

加藤 洋輝(かとう ひろき)

在籍期間:就労継続支援事業所「Web屋FUJI」に6年間在籍

役職:サービス管理責任者歴6年

専門分野:ECサイト運営、デジタルコンテンツ制作

経営理念:利用者第一主義を掲げ、利用者の自立と成長を最優先に考えたサポートを実施

実績:Google口コミレビュー33件でスコア4.9獲得。利用者からの高い評価を受けています。

利用者支援:利用者定員数は常に満員で、現在も複数名の待機者がいます。

スタッフ環境:スタッフ離職率0%を誇る、働きやすい職場環境を維持しています。

ビジョン:障害を持つ方々が自分らしい生活を送れるよう、日々新しい支援方法を模索し、社会全体の理解と支援のあり方について啓発活動を行っています。

Our Information 私たちの情報

会社名 合同会社第一Web
代表者 加藤 洋輝
所在地 〒003-0002 札幌市東札幌2条5丁目3―15 ドルチェ富士1F―B
主たる業務
  • 就労継続支援事業
  • お墓のコンサルティング
  • ホームページデザイン・構築・運営
資本金 350万円

お問い合わせフォーム

080-4502-9604 営業時間:24時間365日対応可!!※深夜・早朝は対応が遅れる場合もあります
スマホの方はこちらをタップ

上記番号に発信できます。

LINE

ご質問やご相談に対し、時代の流れに流されることなく、伝統的で人間味のあるアプローチを大切にしています。
LINEでのお問い合わせにも、ボットやAIを使わず、一人ひとりのスタッフが心を込めて直接対応いたします。
お客様の声に耳を傾け、それぞれのニーズに丁寧に応えていくことをお約束します。

以下のリンクから公式アカウントを友だち追加して、分からないことや相談したいことがありましたら、トークルームからお気軽にお問い合わせください!
メッセージをお待ちしています。

https://lin.ee/t9kCa9J

友だち追加

Copyright © 2024 Web屋FUJI All Rights Reserved.